個人再生法│闇金融に手を出す前に知っておきたい

MENU

闇金融に手を出す前に知っておきたい債務整理の知識

破産する、という言葉は、どこまでも奈落に落ちていくようなイメージがあります。
そして闇金融は、このイメージを巧みに利用して、そうならないためには、とお金を借りさせるのです。

 

このような勧誘によって闇金融との取引を行わないためには、2つのことを知っていることが有用です。
一つは、いかに闇金融とかかわるのが怖いことなのか、手を切るには大変な思いをしなければならないか、を知っておくことです。
そして、もう一つが、闇金融との取引を行わずに、破産した場合、どのような状態になるのか、漠然としたイメージだけではなく知識として知っておくことです。

闇金融との取引を行わない手段

借りたお金であれ、何かモノを買った代金であれ、支払うことができなくなったところで、整理する必要があります。
整理の仕方には大きく、私的整理と、法的な整理があります。
私的整理は任意整理とも言いますが、個々の債権者と話して、支払いを延期してもらったり、債務を減額してもらったりすることを言います。

 

これに対して、法的な整理は、自己破産、個人再生、等様々な方法があります。私的整理が当事者同士の同意で成立するのに対して、法的整理は当事者の合意なく進む手続きもありますので、私的整理で解決しない場合の最終手段と言われることがあります。
法的整理では、基本的には、今自分が持っている全ての資産を売却して、できるだけの支払いを行い、残った債務については免除してもらう、ことになります。

 

借金が棒引きになるのであれば、うれしいことのようにも思いますが、デメリットも多くあります。
具体的には、全ての財産を失ってしまう、ということです。そして、周囲に自己破産したことが知れてしまう結果、感情的には恥ずかしいと思う人も多くいます。さらに、場合によっては職を追われるようなことになりかねません。

 

それでも、自己破産の結果は刑務所に入れられるような犯罪者になるわけでもなく、一定の生活資材を確保してもらえることから、明日からホームレスになるようなことでもありません。

 

特にお金に困っていると、不安から悪い想像が膨らみ勝ちですし、目の前の、お金を手にする誘惑に駆られがちです。しかし、闇金融に手を出すことは想像よりも更に悪い結果に結びつくことは覚えて置かれていただきたいと思います。