個人再生法│執拗な取立てにあっている人は

MENU

執拗な取り立てに遭っている

債務整理をしなければならないのはこんな人です。

 

借金をしていて、返済が滞ってしまっている人です。

 

 

最近では、大手の消費者金融から借金をしているのであれば、それほどでもないかもしれません。

 

しかしヤミ金のような少しタチの悪い所から借金をしている場合、執拗な取り立てをされているケースもあるのではないでしょうか?

 

自宅に借金取りが来るとか、会社の方にまで連絡がいくということも場合によってはあるかもしれません。

 

しかも脅し文句のようなことを言われ続けていると、精神的に追い詰められてしまう人も多いです。

 

借金をしている時に返済もつらいですが、借金取りに追われるというこのプレッシャーが一番つらかったという意見を持つ人は多いです。

 

この精神的なプレッシャーを、債務整理をすることで解放されるメリットがあります。

司法書士 弁護士に相談

債務整理を司法書士もしくは弁護士に相談をします。

 

そして司法書士や弁護士が、あなたの債務整理の案件を請け負うことになれば、あなたの借入先の貸金業者に受任通知と言うのが一斉に送られます。

 

受任通知を受け取った債権者側は、それ以降一切、あなたに対して借金の取り立てをすることができなくなります。

 

これはルール上、決まっていることなのです。

 

取り立てで精神的に追い込まれている人は、債務整理をすべきです。