個人再生法│多重債務の場合

MENU

多重債務者は債務整理すべき

現在の借金を圧縮もしくはチャラにすることができる手法として、債務整理があります。

 

債務整理をしなければならないのはこんな人です。

 

特に多重債務に陥っている人は、債務整理をすべきでしょう。

 

 

現在はもしかすると、自転車操業で何とか返済なども成り立っているかもしれません。

 

しかしいずれ多重債務をしていても、どこかで破たんをする可能性は極めて高いと思ったほうが良いです。

 

そもそも多重債務は、一つの借金をきちんと返済することができないから、別の所で借り入れをしているはずです。

 

借金の返済のための借金なのですから、そもそもあなたが処理しきれない借金になっているに決まっています。

 

また多重債務の怖い所は、借金に対しての罪悪感がなくなってしまう所にあります。

 

たいていの人が、有名な消費者金融に借り入れに行く場合でも、多少は逡巡をすると思います。

 

しかしいろいろな所から借金をしまくっていると、その感覚もマヒしてしまいます。

 

またマヒで関連することですが、お金をどこからどれだけ借りているのか、総額借金がどれだけあるかも分からなくなってしまいます。

 

これでは、いつまでたっても借金の問題を解決することができません。

 

債務整理をして、一回あなたの債務を把握することが大切なのです。