個人再生法│リースバックできる人はどのような人か?

MENU

リースバックできる人はどのような人か?

もしあなたが、家のローンを払えなくなってしまったらと考えたことはありますか?
その時に、任意売却や競売により住むところがなくなるといった不安がつきまとうでしょう。
できることなら、今住んでる家に住んでいたいが、
方法がないからと悩む方がほとんどだと思います。

 

 

そんな時にリースバックという制度があるというのを、
知っておいても損はないのではないでしょうか。

 

リースバックとは
仮にA氏という人がいるとしましょう。
A氏は住宅ローンを払えずに任意売却を迫られ、
さらには任意売却に応じないA氏にたいして、不動産会社が競売申し立てを行った。
この状況ができたら逃げ場がないように思いますが、
第三者と売買契約を締結すれば良いのです。
そして第三者との間で賃貸契約を締結し、数年後に買い戻すという流れになります。

第三者の条件

第三者に誰を選ぶべきなのかと考えたときに一般的には、
親や兄弟、または友人などを選ぶと思います。
他には、不動産投資家に買い取ってもらう方法があります。
その際に第三者との間でお互いに不利益にならないよう、
十分な話し合いや、契約が必要だといえます。
基本的に現金で買い取りを行ってもらうのが条件ですが、親族や友人に資金力がない場合、
改めてローンを組んでもらうといった事になります。
このことから、第三者は収入の安定や、債務が少ないなどが最低条件になってきます。

 

現在の不動産所有者に必要な条件
リースバック利用者の家賃未払いが多く、
即時退去や売却処分になっていることが多々あります。
第三者側からしたら、売却処分の際に購入額割れの可能性もあるわけなので、
簡単には首をたてに振りません。
きちんとした計画をたてることは勿論のこと、
それを説明できる知識をもっていることが大事です。

 

では、リースバックは誰でも利用できるのかと考えときに答えはノーです。
なぜなら第三者を親族や友人に頼むにしても、
投資家に頼むにしても自分自身に信用がなければ取り合ってもらえないでしょう。
社会的信用があり、リースバック制度をよく理解しているのが条件といえます。