個人再生法│競売と自己破産

MENU

競売と自己破産 | 不動産競売の知識

競売や自己破産と言った言葉はなるべくなら関わりたくないものですよね。

 

 

ですが実際に身近に起こりうる可能性があるのです。

 

不動産競売の知識

 

競売とは、国の強制執行により、物件を強制競売にかけるというものです。
この競売に至るまで、流れはありますが、結局は不動産ローンの滞納が原因によるものが一般的です。
借りたものは返さなければいけないという単純な話ですね。
ですが競売にかけられてしまっては、通常より低価格(20%〜40%減)での売買が行われる為、
借金が残ってしまう危険性があります。

多重債務者の自己破産

多重債務者の自己破産

 

多方面から借入を行い、結果支払いができない状態になると”自己破産”という選択肢が、
おのずと見えてきますが、果たして自己破産が最善の方法なのかはわかりません。
ただ、ひとつ言えるのは自己破産者の多くは一度最低限の生活に落ちるのは間違いないでしょう。

競売のデメリット

競売のデメリット

 

低価格での競売になり借金が残ること。
住むところがなくなってしまう。
近所に騒がれ、お子様がいる家庭ではお子様の精神的被害が多くなるケースがある。
そのた不安的要素は多く、生活の再建はなかなか難しいものになるでしょう。

 

自己破産のデメリットは

自己破産のデメリットは

 

信用情報機関に名前が登録(ブラック)されます。
自分の財産はすべてなくなる。
これは、99万円を超える現金、20万円を超える預貯金や株券、マイカーや住宅などすべてが対象。
連帯保証人がいる場合、連帯保証人に迷惑がかかる。

 

以上のことを踏まえ、どちらが良いとは言えない状態にまでなってしまいますね。
ですが、判断を迫られるべき状態になった時、どちらが良いのか決めなくてはなりません。
逃げることはできないのです。
その為に、事前に知識を蓄えておき、最善の判断ができるようにしておくのが良いのではないでしょうか。
お金を借りて、住宅を購入し、財産と呼べるものを揃えたところで、
イレギュラー発生後に何もわからないから何もできないといった、子供のような発想ではなく、
自分の関わることはすべて知識を有しているのが利口ではないでしょうか。
これは日本人すべてに言える、楽観的であり、短絡的な行動よりも、
お金に対して、真剣に向き合うべきだと思います。