個人再生法│個人再生手続ってどんなことをするの?

MENU

個人再生手続ってどんなことをするの?

Q.裁判所の手続で、個人再生手続という方法があると聞きました。どんなことをするのですか?

 

A.個人再生手続とは、返済が出来なくなった個人が裁判所に申し立てて、債権者に債務を減額してもらい、分割返済をしていくという法的手続です。
これは、自己破産をしたくない人、住宅ローンを抱えているが家を手放したくない、という人が利用できるようにと作られた手続です。

 

手続の流れは次のとおりです。
裁判所に個人民事再生手続を申立て、債権者に債務を減額してもらい3年間ほどで分割返済をする再生計画を立てます。
そして裁判所は、債権者の意見を聴取して再生計画が妥当かどうかを判断します。裁判所が再生計画を認め、計画に従った返済を完了することができれば、減額された以外の債務は免除されることになります。

 

個人再生手続には、対象となる人によって、大きく2つの手続があります。
小規模個人再生手続は、個人の商店や小規模事業を営む人を対象とした手続になります。住宅ローンを除いた債務の総額が5000万円以下で、将来にわたって継続的に収入が得られる見込みを持っていること、などを条件に認められています。
給与所得者等再生手続は、サラリーマンなどを主に対象とする手続です。給料などの収入があり、金額も安定していることを条件に認められています。
どちらの手続でも、住宅ローンを抱えている人であれば、「住宅ローンの特則」を希望すれば、住んでいる家を手放さずに住宅ローンを返済しながら、その他の債務を減額して返済することもできます。