MENU

弁護士費用

既に多額の借金を抱えている状況の時に、債務整理をすることになります。

 

その様に既に、お金の工面で苦しんでいる中で、債務整理をするためにも費用がかかるとなると、その様な費用を払うことはできない、債務整理の費用はどうやって捻出するかと悩んでしまうことがあります。

 

これは、まさに現実です。

 

借金を払えないのに、弁護士費用などの多額を払わなければなりません。

 

法律事務所によっては、着手金として前払い制のところもあります。

 

 

場合によっては、着手金30万円に報酬が30万円、過払い回収金額の20パーセント、裁判になれば別途費用がかかるということもあります。

 

返済金を減額したとしても、弁護士費用を返済分が加わり、実質的に減ったのかどうかと感じることもおこりえます。

 

弁護士に頼んで、債務整理をしたいものの、この弁護士費用を考えるとそれができず、かといって自分ですべてをするには難しいと考えて、債務整理に手が付けられないまま放置されてしまうこともあります。

 

それで、一つの方法として、無料で相談にのってくれる窓口に行ってみることができます。

 

市町村で取り決めている、無料相談会がありますので、そこで相談してみるなら、一般的な相場もわかりますし、今後どのようにしたら良いかもアドバイスを受けることもできます。

 

法律事務所の中にも、無料相談をしているところがあります。

 

借金の返済をしながら弁護士費用を工面することは難しいですから、このような無料相談は、まず手始めに相談口として使ってみましょう。