MENU

個人再生すべき人

債務整理をしなければならないのはこんな人です。

個人再生

 

債務整理の中でも、個人再生と言う方法があります。

 

個人民事再生によって、借金を圧縮して、新たな返済計画を立てる方法のことを言います。

 

個人再生をするためには、条件があります。

 

その中の一つに、収入が安定していることが条件となっています。

 

収入が安定をしているという観点から見た場合、サラリーマンの人に有利な債務整理の方法と言うことができるでしょう。

 

給料が毎月入ってきますし、返済の計画も立てやすいと言えます。

 

住宅ローンがある場合はお勧めします

プラスして、住宅ローンを抱えている人におススメの債務整理の手法とも言えます。

 

個人再生の特徴として、借金の整理をする時に、住宅ローンを切り離して、借金の整理をすることができます。

 

もし住宅ローンも整理の対象にしてしまうと、自分の持ち家を手放さないといけなくなってしまいます。

 

しかし個人再生であれば、住宅ローンは手つかずの状態で整理できるので、今すぐにマイホームを手放さなくても良いというメリットがあります。

 

住宅ローン以外の借金があって、そちらを整理することができれば、何とか返済のめどがつくと思っている人であれば、まず第一に検討すべき債務整理の方法です。

 

まず個人再生法を利用することが可能かどうかを無料相談で確認してみましょう。

無料相談窓口